ブログトップ

NOBI'S WEBLOG "SOME ONE LIKE YOU BRO!"

daikuron.exblog.jp

「K-1プレミアム 2007 ダイナマイト」と、「やれんのか!」(旧プライド)の勝敗予想

年末といいますと、格闘技ファンには良い季節になってまいりました。それは、今年も、年末に、格闘技イベントが、目白押しと成っているからです。そして、なによりも政治と違いまして、格闘技イベントは、大連立。
「K-1プレミアム 2007 ダイナマイト」と、「やれんのか!」(旧プライド)とが、人事交流をして、以前では、見る事のできないようなメンバーでの戦いが今年は見る事ができます。前者は、非常にわかりやすいマッチメークなのですが、後者は、非常に玄人好みの人選となっています。しかしながら、素人の勝手な予想なので、ご質問やコメントは、極力控えたいと思います。よろしくご理解くださいませ。

では、早速予想をしてみたいと思います。

More
[PR]
# by nobi4211 | 2007-12-25 14:57 | 信夫的格闘論

姜尚中先生いいっすねー。



 実は、最近政治の話を聞くと、ブログに書きたくて仕方がなくなるのですが、控えておりました。中でも姜尚中先生のコメントは、結構好きで、好感を持っていました。
そして、その姜先生が、僕が愛読している雑誌「AERA」において、「愛の作法」というコラムを最近はじめられまして、非常に楽しみにしております。そんな中、ビックリするようなことが書かれていたので、凍りつきました。


第9回は、「異国の地に生きた2人のカリスマ格闘家の笑顔はまぶしかった」

といものでした。
その二人というのは、一人が「力道山」もう一人が「大山倍達」さんです。力道山さんは、戦後の日本に希望を与えたいわずと知れたプロレスラー。大山倍達さんは、極真空手の創始者です。時に大山倍達さんとお会いした時の感動的なエピソードを書かれていたのですが、非常に心に染みました。

前にも書きましたが、僕には、多くの外国籍の友人がいますし、在日やメインランドの友人もいます。なので、あんまり人を国によって判断する事もしませんが、マナーや文化の違いについては、できるだけ気をつけているつもりです。という前置きをして聞いて欲しいのですが、この双方の方の国籍についてこうやってはっきり書いている人は、初めて見ました。ビックリしました。しかし、それだからどうのということは無いです。念のため。

そして、姜先生の文章はこう締めくくられていました。

「国とは何か。それを考える時、僕は彼らの胸に仕舞われていたものに思いをめぐらせます。そして、あの笑顔を思い出すのです。」

とても、良いエッセイでした。

是非!
[PR]
# by nobi4211 | 2007-11-27 13:36 | NOBI'S WEBLOG "SOME

「映画篇」最高でした。

金城一紀大好きです。!!

金城一紀氏の新刊「映画篇」を早速購入し、読破しました。
僕は、彼の作品が大好きで、くびをながーーくして待っておりました。まさに「貪る様に」早く読んでしまい、現在余韻に浸っています。

彼の作品は、恋あり、社会問題あり、そして、バイオレンスがありと僕にはぴったりで、昔友人が紹介してから、ずーと、ファンであります。友人はああ当時「これは、痛快な漫画みたいな本だから」と紹介してくれましたが、僕にとっては、漢とは、何なのかといった事柄についての、バイブル的な存在になっています。

そして今回の映画篇。これは、短編集で、とても読みやすいものに仕上がっておりました。

More
[PR]
# by nobi4211 | 2007-08-24 10:17 | NOBI'S WEBLOG "SOME

映画を見てきました!

映画をみてきました!!

最近ばたばたしておりましたが、暇を作って、映画を見てまいりました。
それは、

出口のない海
http://www.deguchi-movie.jp/
http://deguchi.navitown.com/index.html

です。

内容は、戦時中開発された人間魚雷「回天」に乗り込む青年達の人間模様を通して、戦争と平和を考えるということであったようにおもいます。
「半落ち」で有名な横山秀夫さんの同名小説の映画化で、
脚本には、「寅さんシリーズ」の山田洋次さん。
監督は、「半落ち」のときの監督の佐々部清さん。
そして、主演が、市川海老蔵さんと、話題には事欠かない
スタッフではありましたが、興行的には、あまり成功していなかった
と言えるのではないでしょうか。


じつは、この映画のチケットを会社のみんなにも配ったのでした。
その理由は、弊社の創業者であります祖父が、回天の技術者の一人であった
からです。祖父は、技術者であったので、戦争に行っていないのですが、
どうやら、回天に実際に乗っていく青年達に、技術的な指導をしたようでした。
そして、必ず言っていたのが、「みんな優秀な青年達だった。」と、
いうことでした。「生きていたなら、きっと日本の将来に役に立ったはず」
「回天」と言うものに、触れたことは、誇りではなく、悲しかった。
ということでした。「願わくば、平和のために技術を使いたい」
そう思ったそうです。祖父は、電気技術者であったのですが、
当時から、接点ひとつでもアメリカ製と日本製には、差があり、
太平洋戦争が始まったときには、耳を疑ったと言うことです。
「勝てない」と、はじめから思ったそうです。祖父は、祖母と
戦前に協会で出会って結婚したそうですから、ちょっと、西洋かぶれていた
かもしれません。学生時分に、実家に帰り「銀巴里か!」と親に
怒られたエピソードを聞かせてくれたこともありました。
一介のエンジニアであった祖父にとっては、回天は、かなりつらい思い出であったわけです。
だからこそ、僕は、この映画を見に行こうと思いました。

そして、泣いてきました。

この映画を見た人の中には、「戦争」ということを”私”と言う部分のみで
語っており、「公」の視点がない。なんていう批判をしていた人もいました。
僕は、全く頓珍漢だと思います。少なくとも、湾岸戦争に参加した僕の友人達も、
遊就館で語りかけてくるその声も、実際には、「公」なんてものはないんです。
愚かな判断をした当時の指導者達の犠牲になるのは、いつの時代も若者で、
天下国家を思って死んでいく人なんていうのは、ごく少数。国を守るため
と言うよりは、自分達の家族を守りたいと言う願い。愛する人を守りたい
と言う想い。そういったことを思いながら、死んでいくわけです。


そして、戦争に関する僕の考えは、以下の二つのブログに書きました。

遊就館を訪ねて
http://daikuron.exblog.jp/4246546/

桜の気持ちは、知らないけれど
http://daikuron.exblog.jp/5917235/
そして、その気持ちは、よりいっそう強くなりました。

とても良い映画であったと思います。

是非。

それでは、失礼します。



出口のない海

作品情報 - 出口のない海
ジャンル : スペクタクル
製作年 : 2006年
製作国 : 日本
配給 : 松竹

キャスト・スタッフ - 出口のない海
監督 : 佐々部清
原作 : 横山秀夫
脚本 : 山田洋次
出演 : 市川海老蔵 、 伊勢谷友介 、 上野樹里 、 塩谷瞬 、 柏原収史 、 伊崎充則 、 香川照之 、 古手川祐子 、 三浦友和
[PR]
# by nobi4211 | 2006-11-01 13:06 | NOBI'S WEBLOG "SOME

近隣諸国の核武装と日本のこれからについて

近隣諸国の核武装と日本のこれからについて

いつも大変お世話になっております。
今回も政治ネタを書かせていただければと思います。
最近、巷では、「核の保有」や「再軍備」など、物騒な話題が多いのですが、僕は、正直言って反対です。
戦争にも反対ですし、この国が核を保有するなど、もっての他だと思っています。しかし、「それでは、この国は守れない」というならば、代替案を出してみたいと思います。コンセプトは

コンセプト:「日本に、国連本部を誘致しよう!」

ということです。
詳細は、端折りますが、

1.多国間外交主義の中心は、国連である
2.日米同盟が、現在の日本の外交の中心である
3.日本は、憲法第九条があり、軍隊はもてない。
4.軍隊を再配備することは、アジア各国が喜ばない。
5.核を持つことは、理論的には出来ても実際は無理。
6.日本は世界に冠たる技術立国
7.日本の経済は低迷気味。
8.日本語教育の低迷と、外国語教育の必要性
9.少子高齢化
10.日本は、世界に冠たる技術立国

これらを考え合わせて、がらがらポンして考えました。

そこで考えたコンセプトが、
「日本に、国連本部を誘致しよう!」と、いうことです。

①国連本部にミサイルは飛んでこない?
②日本の国際化に役立つ
③経済へのインパクトは絶大。
④常任理事国でなくても発言力が増す。「日本で会おう!」
⑤日本の生き様が表現できる。

以上が、良いところです。

つまり、日本の土木建築力と、電子機器の技術を駆使して、最高のセキュリティーと機能性を備えた建物を日本に作ると、かなりの問題は、回避できます。つまり、「日本に戦争を仕掛けるということは、世界を相手にすることだ。」ということです。そして、ジュネーブとはいいませんが、何かあったときに、京都御所で天皇陛下と争っている人たちが会食。なんて事も起こるかもしれません。中国には及びませんが、長い歴史があるわけです。そして、極東文化は、ペルシャや中国などの多くの国の文化が混ざっているわけです。そういった意味では、長い歴史の中で、なにを思うか?ということを各国の首脳陣に問いかけることも出来ます。そして、変なお金を払うより、こちらのほうが、よっぽど効果的ですし、日本が非核且つ戦争を二度としない国の象徴になるかもしれません。

僕の拙い知識で考えたことですが、実現化が、可能か不可能化は別にして、軍事力を持つ以外にも、国を守る方法は、いくつかあると思います。

そういった意見やアイディアを考える時期に来ているのではないでしょうか?

大変良くして頂いている経営者の方の言葉を借りますと

「可能性は無限!!」

だとおもいます。

私は、最後に、この国の右傾化を憂えています。
[PR]
# by nobi4211 | 2006-10-23 19:17 | NOBI'S WEBLOG "SOME

それぞれの2001年9月11日

それぞれの2001年9月11日


2001年9月11日。

僕は、父の病床の傍らで、家族の健康と、これからを案じていました。
顧問の弁護士さんも税理士さんも相談には乗ってくれず、当時の銀行の
ご担当者の方も、率直な意見はくださいませんでした。
父の親友の人にも相手にされず、兄と途方にくれていました。

父の回復を祈りつつ、最悪のケースを踏まえて行動していました。
しかし、光明もありました。

お客様には、いつも元気をつけていただきました。
応援してくださる人がいたから今があるそのように思っています。
友人や、先生方にもどれ程元気付けていただいたか判りません。

父は、これを機に僕や兄に会社を譲り、そして、1昨年の大手術を経て
現在に至ります。あっという間の5年間でしたが、兄のところに姪が生まれ
僕も今度結婚します。

時は、確実に過ぎているのだと実感します。


米報告書:イラク旧政権とアルカイダの協力関係否定
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20060909k0000e030015000c.html

こんな記事もございました。暴力の連鎖は、どこまで続くのでしょうか。
憲法改正の問題も議論されています。ひとつの時代が始まろうとしているのかも
知れません。

愛する家族があるからこそ、改めて、9.11で亡くなった人たちの
いろいろな思いを感じてしまいます。

以下にひとつの詩をご紹介します。


この詩の作者は、2001年のアメリカの同時多発テロで、
貿易センタービルに一機目が激突したあと、救助のために
最初にビル内に突入した数百名のレスキュー隊のお一人で、
行方不明になってしまった29歳の消防士です。
この詩は彼が生前書いていたものだそうです。

多くの皆様のご冥福をお祈りします。




"If I Knew It Would Be the Last Time" by Norma Cornett Marek
 

If I knew it would be the last time
that I'd see you fall asleep,
I would tuck you in more tightly
and pray the Lord, your soul to keep.

If I knew it would be the last time
that I see you walk out the door,
I would give you a hug and kiss
and call you back for one more.


If I knew it would be the last time
I'd hear your voice lifted up in praise,
I would video tape each action and word,
so I could play them back day after day.

For surely there's always tomorrow
to make up for an oversight,
and we always get a second chance
to make everything right.

There will always be another day
to say our "I love you's",
And certainly there's another chance
to say our "Anything I can do's?"

But just in case I might be wrong,
and today is all I get,
I'd like to say how much I love you
and I hope we never forget,

Tomorrow is not promised to anyone,
young or old alike,
And today may be the last chance
you get to hold your loved one tight.

So if you're waiting for tomorrow,
why not do it today?
For if tomorrow never comes,
you'll surely regret the day,

That you didn't take that extra time
for a smile, a hug, or a kiss
and you were too busy to grant someone,
what turned out to be their one last wish.

So hold your loved ones close today,
and whisper in their ear,
that you love them very much and
you'll always hold them dear.

Take time to say "I'm sorry,"
"Please forgive me," "thank you," or "it's okay".
And if tomorrow never comes,
you'll have no regrets about today.



 

「最後だとわかっていたなら」 ノーマ コーネット マレック

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

確かに いつも明日は やってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがったことも
やり直す機会が いつでも与えられている

「あなたを愛してる」と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」と声をかけることも
いつだってできる

でも もしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

 

(訳:佐川 睦)
[PR]
# by nobi4211 | 2006-09-11 07:54 | NOBI'S WEBLOG "SOME

映画って難しいですね。

久しぶりに駄作を見ました。

先日、「ブレイブ・ストーリー」をみてきました。
この作品は、宮部みゆきさんの小説を映画化したもので、僕は、漫画を紹介され、そして、興味を
もって、映画を見に行ったのでした。

http://www.bravestory.net/

内容といたしましては、ある男の子に、突然、両親の離婚話がふりかかり、悩んでいた。そんな時、
すべての自分の運命を変えることの出来るという「幻界(ヴィジョン)」という世界知り、
そこで、5つの宝玉(ドラゴンボールではありません)を手に入れることが出来れば、
願いをひとつだけかなえることが出来るということを知る。
そして、いろいろな人との出会いや困難を乗り越えていく冒険ファンタジーです。

よくあるファンタジーとおもいきや、原作は、宮部さん。大変面白いストーリーに
なっている筈でした。

が、全く面白くありませんでした。(涙)
アニメもよくなく、ストーリーも端折りすぎて、なんだかわかりませんし、
CGも予算の関係でしょうけど、あんまり素敵ではありませんでした。

原作と違って、不評というアニメ映画が、そういえばもうひとつあるということで、
状況を調べてみますと、そちらのほうが深刻らしいです。(笑)


ゲド戦記
http://www.ghibli.jp/ged/アーシュラ・K・ル=グウィンの公式ページによると

著者の考え
http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.htmlということとなり、

要約すると
怒りと失望した(anger and disappointment)という言葉に表れています。
「お口直し」に、見に行こうと思ったのですが、辞めました。


一方、宮部さんのHPは、

大沢オフィス
http://www.osawa-office.co.jp/
でも、キャラクターグッズで、大はしゃぎの様子ですし、

映画のHPの一番最初に書かれているコメント
http://www.bravestory.net/

でも、映画に添えたコメントは、「多くの方に見てもらいたい」と、いうものでした。
なかなか難しい問題ですが、同じ要に不評の映画でも作者とうまくやっているところと、
やっていないところがあり、少なくとも、著者の意見が、よい映画かどうかの判断基準には
ならない事がわかりました。

僕は、ちょっと辛いのですかね。?

よい映画があったら教えてください。

では、失礼します。
[PR]
# by nobi4211 | 2006-09-05 07:38 | NOBI'S WEBLOG "SOME

甲子園は清清しい??


残念なこと


あんまり詳しく書くと、また批判がたくさん届きますので、簡単に
書きます。

沢山のマスコミで、甲子園でのあの「早稲田実業 vs 駒大苫小牧」
の2戦(延長再試合だったので)と亀田選手との試合を比較して、
前者は「清清しい」後者は「反吐が出る」くらいの言い回しを
テレビでされていました。(特に10チャンネルはひどかったですが。)

その上、この記事。

亀田-ランダエタの再戦決定
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060820&a=20060820-00000112-sph-spo

具志堅氏仰天プラン、愛弟子と亀田統一戦
http://news.goo.ne.jp/news/nikkan/sports/20060817/p-bt-tp0-060817-0002.html?C=S

ガッツ、具志堅氏はノーコメント
http://news.goo.ne.jp/news/sponichi/sports/20060823/kfuln20060823003002.html

漫画家・やくみつるさんさんは、「日本の強豪と一戦交えて実力を見せつけた方がいい。」
と、おっしゃていますが、何方の事を指しているのでしょうか。??

そして、前者の試合は、大絶賛。
しかし、忘れていませんか?つい半年前の話です。

甲子園と暴力事件(バックナンバー)
http://daikuron.exblog.jp/3392726/
というのを以前このブログで書きましたが、書きましたが、

駒大苫小牧のもんだいについて

http://www.nikkansports.com/ns/baseball/amateur/p-bb-tp5-050823-0017.html
調べれば、喫煙飲酒の問題などは、沢山出ると思います。

一方、亀田選手はどうでしょうか??。まあ、少なくとも、
恋愛、酒、タバコは、全くやっていないでしょう。

何がいいたいかと申しますと、マスコミって、すごく適当だということです。
バックナンバーを見てもらえばわかりますように、僕は、駒大苫小牧の
皆さんの足を引っ張る気持ちがあるわけではなく、マスコミの報道は、
[PR]
# by nobi4211 | 2006-09-05 07:29 | NOBI'S WEBLOG "SOME

お盆は、アメリカへ日帰り旅行!!

お盆は、アメリカへ日帰り旅行!!

と、いっても、米軍基地に行ってきただけです。(笑)柔道の師範に誘われまして、アメリカ空軍の基地内にあるゴルフ場へいってまいりました。

多摩サービス補助施設
http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/kiti/topix/tama.htm
http://www.uranus.dti.ne.jp/~kuya0127/B020801.html

こんなところです。

実は、一度入ってみたいと思いつつ、一度も伺ったことがございませんでした。先般も行く予定だったのですが、残念ながら、北朝鮮からミサイルが発射されて、基地内は、厳戒態勢となってしまい入ることができませんでした。そして、やっと今回念願かなって、うかがうことができたのでした。

入門の際は、IDチェックから始まりまして、かなり厳しくチェックされてから入りました。彼らの持っている武器にびっくりしました。マシンガンから始まって、自動拳銃、電気ショック、催涙ガス、etc。やはり、ここは違う国です。
ちなみに、勿論、マシンガンはH&K社のMP5、ハンドガンはベレッタM92。このくらいの装備は、日本でしたら、警察でしたらSATみたいな特殊部隊しかもてません。。。。門番さんが、そんなの持っているなんて、、、。とても複雑です。


そして、駐車場でゴルフの準備をして、チェックインをした後にそのままカートに乗り込み、ゴルフを始めます。が、18ホールなのに、セルフで36組がショットガンスタート!!!!。
つまり、ひとつの組が2打目を打った後に二組目がスタートして、競技をおこなって帰ってくる形でした。もちろん、午後には、別のコンペが入っていまして、一日に18ホールのゴルフ場が、72組捌くという、すばらしい発想でした。(汗)勿論、スルーで回りますが、そんなことは聞いたことがございません。日本のゴルフ場も、こんな風にしたらいいのに、、、。


しかしながら、勿論、ゴルフは相変わらずの成績なので、参加賞のバドワイザービールを
2ケースもらってきただけでしたが、非常にすばらしいゴルフ場でした。
と、いいますか。現在まで経験したゴルフ場の中では、最もすばらしいゴルフ場でした。
それが、市価の5分の1程度、、、、。食事は、半額でした。

友人曰く

「まだ、日本は、占領されているってことだね。」

と、申しておりました。

そんな気もしないではない。そんな日でした。


また、行きたいです!!!

ps、、、普通の人は、入れてもらえないみたいです。今後も当分ないと思います。(笑)
[PR]
# by nobi4211 | 2006-08-16 14:01 | NOBI'S WEBLOG "SOME

8.15を考える

小泉首相の靖国参拝には、大変残念な気持ちになりました。

賛成をしている皆さんに、聞きたいことは、
① 小泉首相が、なぜ、最近参拝をしているかご存知ですか?(以前はしていませんでしたね。)そこに、政治的な意図がないのであるならば、なおさら関係諸国との関係を悪化させる理由のひとつになっている事柄をやるのでしょうか?。

② 公正であったかどうかではなく、日本は、ポツダム宣言に調印したんですよね。?それが不公正であるとするなら、調印した国々と、白紙撤回した上で、 交渉しようという話が出てこないのはなぜでしょうか?

③ 「魂は、ひとつになったら、もう元には戻らない」という理由で「分祀」は議論にならないとしていますが、それは、開き直りというのではないですか?しかし、本来、祀る筈のない人物を合祀しているのは何故でしょうか?こういうのをダブルスタンダードというのではないでしょうか?

④ 原子力爆弾や焼夷弾でなくった人間を祀らないのはなぜでしょうか?  沖縄で自決して言った人々が全員まつわれては、何故でしょうか?  しかし、一部の先般や、一般市民の人も合祀されています。そういうのを  その差について教えてください。
彼らのとうとう犠牲がなければ、現在の平和はないと思いますし、祀らなくても平和を祈れる理由をしえてください。

そもそも、A級戦犯と呼ばれている人のなかには、戦陣訓(せんじんくん)なんてものを作った(1941年(昭和16年)1月8日に陸軍軍人としてとるべき行動規範を示した文書)人がご丁寧に合祀されて、東京大空襲や、広島・長崎の原爆や、その他の空襲。そして、関東軍帰った後に、殺された民間人を弔う気持ちがないあの神社で、平和を祈ることは少なくとも僕にはできないと思います。

前出の文章を作ったので、(多くの軍人は知らなかったという説もありますが、今回は、前出の説を採用します。)幾つもの若い命が死んでいったと僕は思っているのですが、本人は、最後まで戦地に赴くことなく、生き残り、そして、虜囚の辱めを受け、処刑されたゆえに現在まで、「靖国問題」なんてものが存在するわけです。

こんなものを作った自体「万死に値する」と思います。

いろいろいいたいですが、少なくとも、主義や主張、人種や性別。ましてや死に方なんかで、区別する発想自体が、僕には理解できませんし、正々堂々と主張している人が運営している神社などに公人としてお参りする人の気持ちも理解できません。

いろいろな考えがあるでしょう。

でも、僕には、理解できません。

僕は、8月15日という日に、平和を祈ります。現在の僕やこの国の繁栄が、先人たちの尊い命の上に成り立っているからこそ。

僕は、平和を祈りたいと思います。
[PR]
# by nobi4211 | 2006-08-16 13:21 | NOBI'S WEBLOG "SOME